注目度が高い

部屋

家づくりに関心が高い人は健康住宅という言葉を雑誌などで見かけることも多くなってきており、その住宅に健康的に住めるというイメージを持つ人も多いです。健康住宅は厳密な定義はなされていないといえますが、一年中快適に過ごせる有害物質の心配がない、健康的に長く住み続けられる住宅のことを意味します。例えば、内装に使われている素材が自然由来であったり、構造材自体にも配慮され、ホルムアルデヒド等の有害物質に関する対策などが取られているといった点などが挙げられます。このような住宅を希望する人が昨今増えており、評判も良いため、さらに今後の需要の拡大が見込まれています。このようなハウスの価格は実はまちまちで、敷地面積などによって価格が変わってきますが、例えば20坪から60坪くらいの住宅は1500万円から3200万円が価格といえます。

建材も配慮されている

健康住宅は使用されている建築素材などに有害物質が使用されておらず、安心して健康的に住むことができる住宅です。さらに、高齢の方も安心して過ごせるように、温湿度を快適に保つ構造となっており、結露なども発生しにくい材料や工法が用いられているなどの特徴もあります。長くその家で過ごせるように健康を維持できるように工夫されており、お子さんのいる家庭ではシックハウス対策などが注目されています。健康寿命を伸ばせる家づくりがなされており、高齢になっても快適に過ごしやすいように作られています。このように長い期間、住んでいる人が健康に過ごせるためには、家そのものが健康的であることも必要で、見えるところだけでなく壁の中など、見えない部分も結露がほとんどないなどの長寿命住宅でもあります。

いろんな部分が健康的である

健康住宅は家の中に温度差がないように設計されていますので、例えば高齢の方などにとって危険と考えられているヒートショックなども安心です。冬は断熱性が高く、外界の気温が家の中にできるだけ影響しない構造になっていますので、温度差ができるだけ生じないように工夫されています。それでも部屋の中が寒いと感じられる場合には、一度エアコンを部分的に稼働させることで、部屋を暖めるとその温かさが持続しやすいです。健康住宅はこうした温度差にマイルドな構造をしている他にも、空気や水の健康という点でも安心して暮らせるようになっているのも特徴です。高品質の換気装置が導入されており、室内の空気をきれいな状態に浄化するシステムが備えられていたり、水道水の浄化システムによってきれいな水を使えるようになっているなどの配慮もなされています。このような健康に暮らせるための工夫がなされているのが健康住宅の大きな特徴です。

広告募集中