HOME>アーカイブ>温暖化の影響により重要が増えている新しい住宅環境

様々な話し合いは終了直前までにしておく

一軒家

健康住宅を含めて、実際に注文住宅を建てる際にはいくつか注意点があるので覚えておくとよいです。最初に健康住宅を建てることを業者に伝える前に、銀行のとの話し合いを最終段階にまで移行しておく必要があります。住宅を建てる際には自己資産では足りないので、銀行と話し合いをしてローンを組む必要があるのです。そのローンの話し合いは長期間になるだけでなく、万が一ではあるのですが審査が通らない場合もあります。審査が通る親善まで進行していないと、業者は建設に踏み切らないので審査が通る寸前までローン締結を進めておく必要があるのです。そのほかにも健康住宅の性質上において、間取り決めに時間がかかるので建設終了までに時間がかかります。

環境への対応力があります

健康住宅というのは、住宅の中にいる人が健康へのリスクがないまま過ごせる設計にした家のことです。近年において地球温暖化の影響で、夏場は室温32度以上そして冬場は室温が10度以下になりやすくなっています。そのため夏場は室内熱中症リスクだけでなく、冬場では寝室と廊下の温度差によって心臓や血管に負担をかけることで梗塞のリスクを挙げてしまうのです。そこで健康住宅では窓の間取りを考えることによる通気性だけでなく、夏場には冷風機による空気の循環で部屋中を冷やしてくれます。

安全で健康的な材質でできています

健康住宅は環境への適応力があるだけでなく、もう一つ重要なのが家を建てる時の材質です。住宅を建てる際に見栄えをよくするためにワックスなどを塗るのですが、ワックスの品質によっては独特のにおいを発するだけでなく経年劣化ではがれることでシックハウス症候群の原因にもなります。健康住宅では余分なワックスや薬品が使われた外国産木材を使うのではなく、薬品が使われていない国産木材と体への影響が少ないワックスもしくは無垢材を使って建築をするので安全です。

広告募集中