HOME>記事一覧>家づくりはあらかじめ目的と予算を明確にしておくことが大切です

家づくりは家族の健康が第一です

女性

頭痛やめまい、吐き気など原因のはっきりしない体調不良に悩まされている人は家に使用している建材が影響しているかもしれません。建材の中には人体に害を及ぼす物質を含んでいることがあるからです。中でも合板や壁紙に使用する接着材などから生じるホルムアルデヒドはシックハウス症候群を引き起こす原因の1つです。このような理由から健康住宅に関心を寄せる人が増えています。有害な物質を含まない自然素材を中心に使用した健康住宅なら、化学物質に敏感な人でも安心して暮らすことができます。そして健康住宅は使用する素材によって費用が変わるだけでなく見た目の印象も変わるので、あらかじめ目的や予算について検討しておきましょう。

素材の効果を知っておこう

男女

満足のいく健康住宅を建てるためには自然素材の種類について知っておくことが必要です。床や柱などにヒノキやスギなどの天然の無垢材を使用した家が人気です。無垢材の美しい木目や自然の味わいは住む人の心を癒してくれます。そして壁材に使用する珪藻土や漆喰はどちらも調湿効果が期待できる素材です。さらに消臭や吸音効果のある羊毛や木質繊維などを使用した断熱材を選ぶこともできます。

信頼できる業者に依頼しよう

健康住宅と言っても、自然素材が含まれる割合は各ハウスメーカーや工務店により違います。こちらの要望にきちんと応えてくれる業者を見つけることが必要です。口コミサイトなどの評価を参考にすれば安心して任せられる業者を見つけられます。

広告募集中